東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


<会社URL:https://www.future-jidoen.com/
Info Wind

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小学校から英語教育が始まりました。英語教育はなるたけ早く、始めたほうが子供のためになります。理由は耳から英語を覚えた方が理解力が高くなるからです。それに小学校に上がる前に英語に馴染んだ方が子供のためになります。実際、英語で保育をするところも存在します。内容としては園内では英語のみのカリキュラムになります。一切、英語のみで行います。最初は不便を感じるかもしれないけど、順応すると一般の保育所と同じです。カリキュラムを確認してみたら英語だけでなくジムやアクティビティやアートもあります。子供の興味のある教育を行っています。ちなみに諸事情により予告なしで調整することがあります。その点は理解しておいてください。デイリースケジュールも公開しているところが多く、子供が一日、何をしているのか理解できます。それに会話が英語というところを除けば一般の保育所と同じです。年間スケジュールも分かりやすく説明してくれます。確かに英語だけのカリキュラムに敷居が高く感じるかもしれません。しかし、最初は体験教室に参加して教室の雰囲気に馴染むことができます。それに各々、年齢に合わせた指導法で楽しみながら英語が身に付きます。小学校で英語が始まった時に戸惑わずにすみます。特別な講習を受けた講師たちがサポートするから安心できます。無料体験レッスンは遊びを通じて英語に触れることができます。それに無理な勧誘や営業は一切ないので気軽に利用することができます。体験レッスンに参加するのは同年代の子供です。親の方も同じ年代の子を持つ人達との交流が期待できます。まずは問い合わせてみることが大切です。入園の流れとしては問い合わせから無料体験、説明を受けてから入園手続きを取りましょう。話は変わって英語での保育を考えた場合、ネットなどで探すことが便利です。例えば、東京の場合なら幾つか候補が存在します。まずは自宅の近いところを探すべきです。遠方だと通いにくい場合もあるのでその点をよく考慮しておきましょう。
Tagged on: ,東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園