海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会


<会社URL:http://www.kidney-tp.org/
Info Wind

海外の腎移植手術に関する情報は「海外腎移植事情研究協会」へどうぞ。海外で の腎臓移植手術について30年以上の実績を有します。出国から帰国まで最短2週間。帰国後のアフターケアも万全。まずは先輩患者さんから海外腎移植の体験談と当会の信 頼性をお聞きください。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

透析で腎不全が治らない事実があり、現実問題として悩む患者あるいは家族のよき相談役、支援役となってくれるのが、コチラの海外腎移植事情に詳しい研究協会です。食事制限から開放されたい、自由に旅行を楽みたい、そうした実現には腎移植の道を提案してくれています。コチラの海外腎移植事情に詳しい協会の支援により、適応するドナーがいなかった患者も、健康を取り戻している実績があります。実際、腎移植を受けた患者の執筆した体験レポートや写真、腎移植へ向けたアドバイスも紹介してくれています。腎臓移植など、海外での臓器移植を考えている方にとって、コチラの協会が活動を案内してくれます。コチラの協会は1987年以降、30年以上も腎移植の実現を支援している優良協会です。出国から帰国まで寄り添い、海外腎移植に精通した経験豊富なスタッフがあらゆるケアを24時間体制で行ってくれるのも特徴の1つです。語学に自信がなくとも、通訳も担ってくれるため、現地で安心して治療を受けられることが評価されています。また、正式に申し込む前に、国内の専門医をはじめ、現地の医療機関の見学をしておきたい、移植外科チームと面会しておきたい、こうした患者目線のリクエストにも応えてくれます。生体腎移植手術の実現率も高く、情報提供のみも可能ですし、国内で事前検査を済ませてからの移植手術を実現させる迅速対応も話題に上がっています。現在は、短期帰国に対応している北米エリアをはじめ、ヨーロッパエリアそれぞれ1ヵ国に加え、アジアでも2ヵ国でのケアが相談可能、また専門医療機関も増えていく見込みもあり、多くの患者の支援に邁進してくれています。電話でも気軽に連絡ができ、コーディネーター直通電話にかけることや、メールでの問い合わせも可能です。気になる医療費に関しておおむね11万ドルから14万ドルで、現地医療機関に対して患者側が直接支払うシステムで、不透明感がないこともウリの1つです。
Tagged on: ,海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会