INTER TECH


<会社URL:http://www.inter-tech.jp
Info Wind

株式会社インターテックはお客様一人ひとりに合った、オーダーキッチンを設計製作しております。デザインと機能性を追求した高品質のキッチンを是非、東京・名古屋・大阪・埼玉のショールームでご覧下さい。洗面台の設計製作、オーダー家具のご依頼もどうぞ。


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オーダーキッチンの最大の特徴は、作業のしやすさです。作業しやすい台の高さが、数値で計算できるとされています。あくまでも、おおよその概算値なのですが、身長を2で割ってプラス5センチメートルの数値が理想的とされています。キッチンを一番よく使う家族の身長が160センチメートルの場合は、160を2で割ってプラス5センチメートルの値である85センチメートルが、使い勝手の良い作業台の高さになります。断定ではなく概算値とされている理由は、スリッパの底の厚みや、敷いているカーペットの厚みで多少の誤差が発生するからです。あくまでも目安とはいえ、こうして計算された数値で作業台や流し台を施工すると、作業する家族にとって腰や背中を痛めにくく、ストレスが軽減される仕様になります。とくに長時間にわたって下ごしらえしたり、食事の他にも弁当作りをするなど、できるだけ快適に作業できるキッチンにしたい人には参考になる数値計算方法です。家族に身長差があるときに役立つのが、昇降式の作業台です。文字通りに作業台が上下に昇降しますので、もっとも作業しやすい高さに調整できます。さきほどの数値計算式は固定された作業台の高さに施工されますが、昇降式であれば同じ人でもその日の体調に合わせて微調整ができるようになります。料理の目的によっては、高くしたり低くしたりできるほうが柔軟性が備わります。昇降式の作業台は、電動式でも可能です。電動式の場合は、スイッチひとつで上下に昇降させられます。昇降式電動システムは、家族ごとに作業しやすい高さを計測しておいて、それぞれの数値を登録しておけるタイプもあります。登録しておけるので、自分が作業しやすい高さをスイッチで指定して、すぐに対応できます。キッチンは季節によって、エアコンで温度調整するのが難しくなりやすく、ストレスを軽減できるかが問われやすいスペースです。作業台と流し台を、高さ調整できるようにするだけでも、ストレスは軽減できます。高さを高くできることが、掃除しやすい環境にも結びつきますので、衛生的に管理しやすくなるのもオーダーキッチンのポイントです。
Tagged on: ,INTER TECH